予備知識

■クリニックでわきがの治療を受ける前に

クリニックでわきがの治療を受ける前に、汗についての予備知識を頭に入れておきましょう。

【人間が汗をかく理由】
◎体温調整機能
人間は自分の体温を調整するために汗をかきます。
体内にある水分を蒸発させることで、体温を下がり、そのため常時一定の体温を維持することが可能となるのです。

◎皮膚の保湿効果
汗をかくことにより、皮膚の感想を防ぎ、保湿効果も維持してくれます。
また、皮膚表面に付いている細菌を殺菌してくれる効果も併せて持っています。

【アポクリン腺について】
◎アポクリン汗腺とは
アポクリン汗腺とは、毛穴に出口をもっている汗腺です。
一般的に、哺乳類の芳香腺が退化したものだと言われています。
また、思春期に生殖機能が成長するのと一緒にアポクリン汗腺も急激に発達していきます。

◎わきが特有の臭い
異性の気を引くために発しているフェロモンが、わきが特有の臭いとも言われています。
人間が繁殖していくために備えていた基本機能の名残ともいえます。

◎アポクリン腺から出る汗の成分
もう1つの汗の成分でもあるエクリン汗腺の成分とは違い、たんぱく質や糖類、ンモニア、鉄分、蛍光物質、脂質、脂肪酸など、臭いの元となる物質が分泌されています。
分泌されている液体は粘り気のある乳白色のもので、この汗の成分が細菌などにより分解されて臭いを発するものがわきがの臭いとなります。
わきや陰部、外耳道、乳輪、へそなどにしか存在しません。

ボトックスやミラドライ

◎ボトックス注射
ボトックス注射は、注射により発汗を抑える治療法です。
手術による治療に若干の抵抗がある方、症状がまだ軽度の方、また一時的にでも発汗を抑えたい方などに向いています。
臭いや汗の元となる汗腺から、汗の分泌を軽減するボツリヌストキシンをわきの下の皮膚に注射していきます。

このボトックス注射による治療は、基本的にわきに注射を打つだけの治療法となるため、治療時間が10分前後と非常に短いものとなっています。
その効果は3ヶ月半~半年程度と言われています。
治療を継続する場合、長期的には費用負担が高くなってしまうことに注意しましょう。

◎ミラドライ治療
わきがを専門としているクリニックの中で、最近主流となりつつある治療法です。
ミラドライはマイクロウエーブという電磁波をわきに照射することにより、汗腺を破壊し治療する方法です。
他の手術のようにわきを切ることはないので、傷跡が残るようなことはありません。
傷跡が残ることはなく、手術のデメリットを解消していきます。
治療効果としては、汗腺を破壊する治療法なので、手術と同様の半永久的な効果を得ることができます。
また、治療には照射を行うので、治療時間も両わきで1時間程度と短時間で終わります。
ダウンタイムも短く、治療したその日から日常生活に戻ることができる、いわば「日帰り治療」とも言えます。
入院する必要性もありません。
剪除法など手術で完治しなかった場合でも、このミラドライを適用できないケースもあるので、その辺りは注意しておきましょう。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031